近所の小児科クリニックは子供たちの笑い声で溢れています。

小児科クリニックの集客対策

私が中学生までお世話になっていた小児科クリニックはコンサルティング支援を受けて、子育て中のパパやママだけではなく子供たちからも愛されている人気のクリニックです。注射器を見ただけで泣き出す子供たちが多い中で、このクリニックに通院をする子供たちは泣き出すことは殆どありません。根管治療の専門医だからこその診察や注射を頑張った子供たちにガチャポンというご褒美を用意してくれていたり、頑張った券を配布して10枚集めれば好みのおもちゃに交換してくれるなどのアイディアが満載です。子供たちは病気でもないのに歯医者やクリニックに行きたがります。

病院の集客対策

我が家のお隣に、昨年引っ越して来たお宅には3才になる可愛い女の子がいます。朝から激しく泣いているのでどうしたのか尋ねてみると「高熱があって病院に連れて行きたいのだけれど、イヤがって大泣きをしている」というのです。泣いていても病院に行かなくてはならない程の熱が出ています。私はクリニックを紹介し、女の子を早く連れて行くように勧めました。数日後、熱も下がり女の子は元気に遊んでいました。この女の子も「病院、大好き」と笑って話ます。ママも大助かりと嬉しそうでした。