歯科クリニックの問題点と集客ポイント

お向い処か、同じビル内にも乱立し、コンビニの数より多いと言われる歯科クリニック業界。患者が来ない、売り上げが上がらないという、危機存亡の状態にあるクリニックも多いようです。その裏で、成功を収める歯科クリニックもあるのが現実です。どこが違うかをここで、探ってみましょう。

 

・歯科医師数の増加

歯科クリニックの数は平成20年(2008年)で、全国約67800件、平成26年(2014年)で約68600件と、約800件の増加です。それに対し、医師数は99、400名から104、000名と6年間で約4600名増加しています。つまり、開業の難しい飽和状態の歯科業界で、新たに多数の歯科医師を採用する為に、人件費の増加が経営を圧迫する傾向にあるのです。

・儲からない診療

今、来院して頂く患者さんの来院理由をあなたは把握していますか?もし、知らないなら、 “それはあなた、ダメ歯医者!”って、ブルゾン・・・に言われますよ。「看板を見て」や「昔からここだから」などと言って頂ける患者さんを有り難がっていては、競合する近くの歯科クリニックに、他のもっと多くの患者さんを取られてしまいますよ! そして、遂にはクリニック経営の危機に陥ってしまいます。なぜなら、このような患者さんは、あなたが望むような儲かる診療に繋がらないからです。1日に診療できる患者数は限られていますよね。その多くが、このような“場所”だけを理由に来院される患者さんだった場合、あなたの望む儲かる診療、すなわち、自由診療による高額収入が期待できない場合が多いのです。だって彼らは他の近辺のクリニックと自由に比較できる立場にあるのですから。高い治療費を請求する自由診療より、保険の効く安い治療をしてくれるクリニックにいつでも、乗り替えることが出来ます。

・儲かる集客のポイント

ネットにホームページを作るのは今や常識ですし、専門の会社に依頼するのも確かでしょうが、任せきりではいけません。やはり、中身が肝心です。

  • 安心して治療を任せられる。

  • ここにしかないメリットがある。

この2点に重点をおいたアピールが大事です。

いかがでしたか、上のポイントをしっかり押さえたホームページを作れば、あなたのクリニックは勝ち組の仲間入りです。ぜひ、参考にして下さい。