アロマオイルラベンダーの効用と使い方

病院や美容クリニックで評判のアロマテラピーですが、その中でもラベンダーはアロマテラピーを代表する精油ですね。初夏にパーッと咲き乱れる薄い紫色の花から抽出されるラベンダーのアロマオイルは、気持ちを落ち着かせる鎮静作用以外にもたくさんの効果があります。集客専門のBTコンサルティング

 

・ヨーロッパから世界中へ

ラベンダーにはいくつもの種類がありますが、普通ラベンダーと云えば、「真正ラベンダー」のことを言います。シソ科の植物で元は地中海が原産でしたが、今では、世界中で栽培され、日本では、北海道・富良野のラベンダーはいつも季節の話題に上りますね。

水蒸気蒸留法によってラベンダーの花と葉から抽出された精油の香りは、最初から香り立ち、時間が経ってもほのかに長く続くのが特徴です。甘みのある香りとさわやかさがたくさんの人に愛し続けられています。

・古くから用いられたハーブ

ラベンダーの語源は、ラテン語の「ラワーレ」(洗う)と言われ、古代ローマでは傷の洗浄や沐浴にラベンダーを使っていたと云われています。映画「テルマエ・ロマエ」では浴場でオイルを塗るシーンがあったかどうかは知りませんが、ラベンダーオイルを使っていたのでしょうね。主成分の酢酸リナリルは、鎮痛、鎮静、抗真菌作用があり、心と体の両方にいろんな効果を発揮します。優れた鎮痛作用で、イライラや不眠、躁うつなどの改善に効果があります。高血圧の降下や筋肉を和らげる働きも注目されます。

皮膚の炎症、かゆみを和らげ、虫さされの消毒・殺菌作用もあります。

皮脂バランスを整える働きから、美肌効果も喜ばれています。

昔、化学者が火傷を負った時にラベンダーアロマを塗って治りが早かった例があります。

・リラックス効果のラベンダー

柑橘系のオレンジスイート、レモン、ジャスミン、ローズマリー、その他多くの精油と相性が良いラベンダーは、気持ちを落ち着かせ、リラックスしたい時、ぐっすり眠りたい時などに、ピッタリのアロマオイルです。

 

いかがでしたか、

今回はアロマの中でも特に親しまれているアロマオイルラベンダーの効用と使い方についてのご紹介でした。

是非、参考にしてみてください。